知っておくといざというときに役立つ!葬儀における豆知識や常識を紹介します

当記事では、特に仕事関係で葬儀に参列する必要が生じたときにおける服装や香典の渡し方等の豆知識や常識について紹介しています。特に仕事上で出席する際は、誤ってマナー違反や上記外の行為をその場でしてしまうと、仕事は出来ても礼儀がない人とのレッテルをはられるといった最悪の事態をも招きかねません。この記事を読んで、仕事関係上どうしても出席せざるを得ない状況でも万事対応できるように普段からそなえておきましょう。

知っておくといざというときに役立つ!葬儀における豆知識や常識を紹介します

葬儀に参列する際の服装は、喪服を着用することがベストですが、喪服でなくても男性ならブラックスーツ、女性ならブラックフォーマルでも非常識ではありません。
男性の場合、ネクタイは必ず黒色を着用しましょう。
また通常のスーツの際に使用しているネクタイピンを使用することは出来ません。
最近の葬儀では香典不要とされることが多いですが、仕事関係では香典を受け取られる形式の葬儀も多くあります。
この場合、香典の入った袋の表書には注意が必要です。
故人の宗派によっては、使用してはいけない文言もあります。
参列する場合は事前に宗派を確認しておくことが必須といえます。

葬儀に参列するときのマナーや身だしなみは?

葬儀に参列することは誰でもありますが、マナーや服装などを守らないと印象を悪くしてしまうので危険です。
葬儀の服装は喪服などを用意するのが必要であり、黒い服装で統一することで周囲から浮かないで済むと考えられます。
派手なスーツなどを着ているとおかしな状態になってしまいますから、地味な色で統一をすることを第一に考えておけば、服装に関しては何も問題にはならないはずです。
ネクタイなども地味な色にするのが大切ですし、時計なども一時的に外しておくと安心できます。
数珠などを用意することができるのであれば、時計などの代わりに身につけておくと、いい印象を与えることができるかもしれないです。
葬儀のマナーは服装以外にもあり、焼香をするときの所作なども覚えておかなければいけません。
正しい所作でやらないと周囲から浮いてしまうので、わからない場合は他の人の動作をチェックしておくのが大切なことになるはずです。
大きな声を出したりするのもダメなので、静かに故人を供養することを心がけるのが重要になります。

葬儀をする場所にはどういった所があるのか

お通夜や告別式などお葬式を開催する式場と聞くと、セレモニーホールをイメージする人は多いのではないでしょうか。
セレモニーホールは葬儀社が運営を行っている専用施設で、大小様々なお葬式や法事などを執り行うことができるようになっています。
しかし、お葬式を行う場所には、このような専門施設以外にも色々なところがあり、それぞれ特徴が異なります。
葬儀専門の施設には、セレモニーホール・斎場・葬儀会館などの名称がついているところが中心で、お葬式や法事を執り行うための設備が整っています。
葬儀社や寺院などが所有している民間の施設もありますが、火葬場が併設している公営(東京都内は民営が中心)もあります。
寺院や教会などの宗教施設はお葬式で使用することもあるのですが、これは仏教やキリスト教などの宗教の場合で、神通の場合は神社でお葬式を行うことはありません。
そのため、神道のお葬式は斎場などを利用して行われるのが一般的です。

葬儀会場を選ぶときにチェックすべきポイント

かつて葬儀は自宅で執り行っていましたが、最近は斎場や葬儀式場で行うのが一般的になっています。
葬儀会場には各自治体が管理している公共の式場や民間式場のセレモニーホール、寺院の本堂や教会なとさまざまな種類がありますが、実際どのようなことを意識して選べばよいのでしょうか。
まずは交通アクセスがよい場所や送迎バスのサービスがある施設を選ぶと会葬者の負担を減らすことが出来ます。
また遺族が疲れを癒せる控え室や、故人とゆっくり最期のお別れの時間を過ごせる霊安室といった設備が整っていることも大切です。
ご高齢の方や身体の不自由な方にも安心して過ごして頂けるよう、バリアフリー化された施設であることもポイントです。
あわせて故人の遺志や遺族の希望にそうお葬式が執り行えるかどうかも重要になります。
一度しかないからこそ、後悔なく故人をお見送りすることが出来るよう、よりよい葬儀会場を選んで最後のお別れを素敵な時間にしましょう。

葬儀の費用を抑えるにはどんなやり方がある?

葬儀は意外と費用がかかり、遺族の負担になることが多いです。
葬儀費用を抑える方法としては、葬儀会社を選ぶ場合複数社から見積もりを取って比較をする、規模を小さくする、プランを見直し祭壇の種類や料理のランクを考える、市民葬や福祉葬を検討する、無宗教のお葬式にするなどがあげられます。
一般的にお葬式は会場が大きければ大きいほど料金も高くなる傾向があり、なかなか抑えることはできません。
そのため必要最低限の規模にすることで会場費を安くすることができ、節約につながります。
さらに低くする公営の斎場を利用しても良いでしょう。
複数社から見積もりを取るのも良い方法であり、会社によって同じプランでも料金が異なることが多いです。
ただし安さばかりに目が行ってしまうと、オプションの部分が多くなり、余計な料金が発生する可能性があります。
限られた時間で歯ありますが、どのようなことがプランの中に含まれているのかを比較検討するようにしてください。
無宗教葬も僧侶をお呼びしない分儀式を省略することができます。

葬儀の香典はいくらくらい包むのが相場?

葬儀の際に持参する香典は故人とどの程度親しかったかで金額が異なってきます。
親の場合は10万、兄弟であれば5万が相場であり、仕事もしくは友人であれば5千円程度となります。
ただし仕事関係は会社の決まりであったり、周りの金額に合わせたりする必要があるので、必ずしも5千円が相場とはいえません。
金額に関しては地域ごとに比べてみると葬儀の際に持参する場合中部地方が平均して高く、仕事関係で見ると東京や関東が最も多い結果となりました。
友人やその家族に高額な香典を出しているのは北海道で、地域によって差が生じています。
なお包む場合は4や9といった数字は避けなくてはなりません。
ですが2千円や2万円など2の数字は大丈夫です。
また新札を使用するのもやめるようにしましょう。
葬儀をあらかじめ待っていた、という意味につながってしまうからです。
あまりに多くの金額は、逆に遺族の負担になることが多いため相場に注意しなくてはなりません。
どの程度の親しさだったかによって決めるようにします。

葬儀に子供を連れていくときの常識やマナー

どうしても子供を連れて葬儀に参列をしなくてはならない場合があります。
一緒に参列すること自体はマナー違反ではなく、決まり事もありません。
ですがしめやかな場所であるので、様々なことに注意を払う必要があります。
小さな子供を葬儀に連れていく場合、事前に喪主もしくは遺族に伝えておくと良いでしょう。
そうすることで遺族側も準備をすることができますし、心づもりができるので、当日騒がしくなったとしても穏やかに受け止めることができます。
また、事前に話をしておくことで途中で中座できる場所に設定をしてもらうこともできますし、ベビーカーが起きやすい場所にしてもらうことも可能です。
このほか服装にも配慮をします。
大人程気にする必要はないものの、派手な色や音が鳴るもの、キャラクターやフリルがついたものは避ける方がよく、落ち着いた白色や黒色、グレーなどの色味のものを選びます。
幼稚園に通っている場合は制服を着ると良いでしょう。
赤ちゃんの場合は靴下をはかせるようにします。

身内のいない故人の場合の葬儀の仕方

葬儀をするときは通常は故人の遺族がすることになりますが、身内が全くいないような場合は困ってしまうかもしれないです。
基本的には親戚などが存在しないのか調べることになりますが、本当に存在しないようなケースもあるので、そのような場合は自治体が直葬をすることになります。
直葬は火葬だけで故人を供養するスタイルになりますから、必要最低限のレベルで故人は供養されることになるので安心です。
自治体が一旦費用を負担することになりますが、その後に故人が残した財産などで支払いをすることになりますが、財産がないような場合は自治体が負担することになります。
基本的に遠くの親戚などが見つかるケースが多いので、そのような場合はその人物に葬儀をしてもらう形になります。
最終的には自治体が直葬をすることになりますから、どのような人でも遺体がそのまま放置されることもないので安心です。
直葬をした後の遺骨の管理などは、またルールがあるので事前に把握しておくのが大切になります。

葬儀で祭壇に飾る花は選べる?どんな種類がおすすめ?

葬儀では故人を偲んで花を多めに飾ることが多いです。
白木祭壇では遺影の周りなどにもお花で飾られており、基本的には白もしくは淡い色目の生花を用います。
少し前までは白木を使用する場合は和花が基本でしたが、近年では故人の好きだった花や好みの色のものを入れることができるようになっており、洋花も多く使用されています。
葬儀においては祭壇のお花は遺族側が用意をしますが、白色を基調とし黄色や紫の花、薄いピンク色などを使用してアレンジをしていきます。
おすすめのお花は菊や百合、胡蝶蘭やデンファレ、カーネーションやカーネーションであり、花粉は取り除かなくてはなりませんし、百合を飾る場合は香りが強くないかをチェックする必要があります。
またバラはとげがあるので避ける方が無難でしょう。
故人が好きだったという理由からバラを飾る場合はとげを抜くなどの処理が必要となってきます。
葬儀で飾るお花は選べるようになっているので、雰囲気を考えながら決めていきます。

葬儀に関して生前に決めておくほうが良い事項

お葬式と聞くと、身内が他界した時点で慌ててお葬式の依頼先を決定するなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
既に、何度か同じ葬儀社に依頼している場合は、このような方法もありますが最近は独自のプランを用意している、他社よりも安く満足が高いお葬式を提供する葬儀社も増えているので、比較をしてから決めるのが最適です。
そうなると、かなり前から準備をしなければならなくなるわけですが、病院などに入院した時点で葬儀社を比較し始める人も意外と多いようです。
生前から決めるときには、詳細なプランなどは後まわし、喪主の決定・訃報連絡先のリスト作成・一般葬や家族葬などお葬式のスタイル・使用する遺影の選定、そして葬儀社の決定の5つです。
ちなみに、遺影は可能な限り故人の人柄が分かる表情のもの、しかも比較的最近のものを使うのが良いといされますので、生前に近所にある写真屋さんなどで遺影用の写真を撮りに行くのもおすすめです。

親族や友人に葬儀の連絡をスムーズにする方法

訃報は死亡のお知らせといわれていますが、だれがいつ亡くなったのかを知らせるもので、葬儀の案内とは異なります。
ですが、実際の訃報にはお葬式の案内が含まれているケースが多く、本来の意味とは異なっていても現代においての訃報は死亡を通知すると同時に葬儀の詳細を知らせる、このような性質を持つものに変化しているようです。
基本的に、これは喪主が流すのがルールで、第三者に依頼すると情報が正しく伝わらないこともあるので注意が必要ですし、受け取る側にも失礼に感じるなどから喪主自信が行うのが礼儀といえましょう。
なお、訃報は葬儀に参列して欲しい人に対して行うものですが、スムーズに連絡ができるようにするためにも、優先順位も考える必要があります。
一般的な優先順位は、故人から見たとき家族など関係の深い親族(配偶者・子ども・孫・兄弟姉妹など)、三等親までの親族(叔父・叔母・甥・姪・従兄弟など)、生前交友を持つ人々(友人・知人・会社関係・趣味サークルの仲間など)です。
他にも、会社や学校関係などご家族が知らせたい人や近隣の人など、連絡する人のリスクを作成して優先順位を決めるのがおすすめです。

葬儀に行けない場合の電報の打ち方ポイント

お葬式会場の祭壇に飾る供花を送ることでも弔意を示すことができます。
このとき、花店が葬儀社に連絡して送ることも可能なのですが、葬儀社により生花店や同業他社からの持ち込みを拒むケースもゼロではありません。
そのため、事前にお葬式会場に確認をしたり相談することをおすすめします。
お葬式に参列できないときなど、お悔やみや電報(弔電)を打つことも可能です。
弔電を打つ場合は通夜に間に合うように手配することがポイント、通夜に間に合わない場合でもそのあとの告別式までには届くよう配慮しなければなりません。
いち早く届く弔電を送ることは、弔意を示すことにもなります。
なお、電報を打つときにはどのような内容にすべきか迷う人は多いのではないでしょうか。
インターネットを使うことで弔電の文例を入手できるようになるので、事例を参考にして行うと良いでしょう。
この場合は、お葬式に行くことができない欠席するときの弔電の文例で探すことをおすすめします。

葬儀で親族と揉めないために気を付けるべき事項

葬儀のスタイルも一般葬から家族葬へと変化している現代において、従来の一般葬ではあまり見られなかった親族間の揉めごとが起こりやすくなっているといいます。
家族葬や葬儀でトラブルになる理由の中にはお互いの想いの強さや個人の価値観の違いがあるためです。
一口にお葬式といっても人それぞれ考え方や価値観が異なる、家族の時間を大切にして家族だけで最期のお別れをしたい、葬儀は昔ながらの一般葬でなければならない、大勢の人に参列して貰って盛大に執り行われるのが幸せなど、様々な価値観が存在するわけです。
これらは決して間違っているわけでなく、単に考え方や価値観の相違があるだけの話です。
しかし、お互いに故人のことを思いより良い葬儀を行いたいなどの思いが衝突してしまうとトラブルに繋がります。
遺言書などがある場合は、故人の思いを優先にすることが求めますが、遺言にお葬式の形式についての項目があるときなどはそれを優先することでトラブルが起こりにくくなります。

葬儀に参列するときは宗派を知っておく必要がある?

葬儀と言っても、仏教だとは限りません。
イメージとして日本ではお寺にお墓があり仏教を信仰している人が多いかもしれませんが、他にもキリスト教や神式など様々なものがあります。
最初にこれから行く葬儀の宗派を知っておかないと、恥ずかしい思いをすることになります。
仏教の葬儀は経験した方も多くなんとなくマナーを知っている方も多いかもしれません。
しかし同じ括りでも浄土真宗は御仏前と書きますが、それ以外では御霊前とします。
キリスト教では御花料とし、仏教のような成仏、供養のような言葉も使いません。
式場でも焼香ではなく献花をします。
神式では御玉串料とし、こちらもお悔やみ申し上げますという言葉は使いません。
神葬祭では玉串奉奠を行います。
他の宗教との流れとは違います。
事前に知っておかないと仏教だと思って、失礼な言葉を使ってしまう可能性があります。
普段当たり前に使用している言葉も、宗派によっては不適切となるので注意が必要です。

葬儀で喪主を辞退することは可能?また代理は誰がするのか?

家族がいれば、かならず一度は経験をすることになるのが葬儀です。
とくに高齢になる両親や祖父母が要る場合は、まずお子さんがその役目を担わないといけません。
葬式では必ず喪主という代表が必要ですが、それを辞退することは可能なのでしょうか。
簡単に概要をここで解説をしていくと、喪主を辞退することは可能です。
ただし、代理人を用意することが必須となるため、ほかの兄弟や親類を頼ることになります。
基本的には親族ならどなたでも構わないため、名義のみを借り受けるというスタイルになります。
あとの葬儀進行などは、メモリアル会社が担当をされるので、とくに心配をする必要はありません。
代理で気を付けたいことは、未成年者はその役目を担うことができないということです。
つまり、幼い年齢のお子さんしかいない家庭であれば、必然的に叔父や叔母などが取り替わることになるため、葬儀を円滑に進めることもできるようになっているということです。